Unlimited Corridor
©2016 Unlimited Corridor PROJECT Team
  • 長崎県庁舎
  • 展示作品

Unlimited Corridor

『Unlimited Corridor』制作チーム(代表:松本 啓吾)
©2016 Unlimited Corridor PROJECT Team
第20回エンターテインメント部門優秀賞[VRシステム]
展⽰場所:長崎県庁舎1Fエントランスホール

作品概要

鑑賞者の空間知覚を操作し、現実には限られた空間の中で、VR(バーチャル・リアリティ)空間を無限に歩き回れるようにした作品。本作では、「リダイレクテッド・ウォーキング」と「視触覚間相互作用」という2つの技術を組み合わせて使用している。リダイレクテッド・ウォーキングは、ヘッドマウントディスプレイに表示する映像に補正を加え、実際には曲がった通路を歩いているにもかかわらず、まっすぐ歩いていると感じさせる技術である。それに合わせて、曲面を平面として知覚させる視触覚間相互作用を利用し、直進していると感じられる通路の円周の大きさを、半径3mまで縮小し、比較的狭い実空間でも無限の空間知覚を得られるようにした。視覚と触覚を使い脳に錯覚を起こさせて、知覚がいかにゆらぎを持つものであるかを実感させる。VRシステムの機能に応じたオリジナルのコンテンツなどが提供されている。